お知らせ

2017-11-30

和名ヶ谷中学校の職場体験学習を行いました

11月30日に松戸市立和名ヶ谷中学校の生徒6名が当院へ職場体験に来てくれました。
医師・看護師をはじめ、リハビリセラピスト、薬剤師、社会福祉士たちと一緒に患者様に関わることで、病院で働く人の仕事を理解してもらうことができました。
当院での職場体験を通して、“働く”ということの責任の重さや楽しさを肌で感じてもらえたことと思います。(ご両親にも改めて感謝!…と)
今日の経験が、将来の夢につながればと思います。

2017-11-27

回復期リハビリテーション看護基礎コース(脳血管疾患)

回復期リハビリテーション看護基礎コースを開催しました。
全6回コースのうち今回は「症状から見た脳血管疾患」というテーマで院長の岡田医師より講義を受けました。実際の症例を画像とともにわかりやすく説明していただきました。
次回は、高次脳機能障害について副院長の山仲医師に講義していただきます。

2017-11-21

褥瘡研修を行いました

国立国際医療研究センター国府台病院から皮膚・排泄ケア看護認定看護師の小岩井慶子先生をお招きし「褥瘡の基本」についてご講義いただきだきました。当院にご入院中の患者様の中には病気の後遺症から麻痺の残っている方もおり、褥瘡予防の観点からもポジショニング、シーティングは重要です。今回は、ご講義の後に職員が患者役となり実演指導もいただきました。今回の学びを患者様へのケアに活かしていきたいと思います。

2017-11-20

国府台病院との連携懇談会を行いました

2017-11-20

国府台病院との連携懇談会を行いました

2017-11-20

国府台病院との連携懇談会を行いました

11月20日、国立国際医療研究センター国府台病院との連携懇談会を行いました。今年は医師、看護師、リハビリセラピストをはじめ多数ご出席いただき、ご紹介いただいた患者様について急性期病院、回復期リハビリテーション病院それぞれの立場から活発に意見交換することができました。

2017-11-19

ドイツ研修報告会を行いました

カマチグループで毎年行われるこの研修に当院リハビリテーション科理学療法士の松井貴司が参加し、ドイツにおけるリハビリテーション医療の現状について報告がありました。海外の医療について学ぶことで、改めて私たちが提供する医療・看護について考える機会となりました。

2017-11-15

感染対策研修

2017-11-15

感染対策研修

今回は、感染性胃腸炎について講義を受け、その後、グループに別れて実技も行いました。万一に備え、正しい知識と技術を身につけることで感染拡大を防げるよう努力していきたいと思います。ご家族の方々にも体調不良時のご面会はご遠慮いただきますようご協力お願いいたします。

2017-10-26

食欲の秋!読書の秋!芸術の秋!…。
少しずつ木々の葉も紅葉し始めました。今日はさわやかな秋晴れです。
病棟も秋色一色になりました。

前の10件 <<  1  2  3  4  5  6  7  8  >> 次の10件